新型コロナウイルス感染症への対応に関するお願い

 保護者様
令3年5月19日

新型コロナウイルス感染症への対応に関するお願い
(2021年5月19日版)

 愛知県への「緊急事態宣言」の適用及び名古屋市内の感染状況を踏まえ、新型コロナウイルスへの感染予防のため、以下の点へのご協力をお願いします。

(1)毎日お子様の体温を測り、「検温表」に記入して下さい(お休み中の体調を確認するため、土日などの登園しない日もご記入をお願いします)。登園する際に、「検温表」を職員に渡してください。登園日の検温及び「検温表」を忘れた場合は、ご自宅で検温の後、園までお送りください。送迎される保護者の方の検温もお願いします。

(2)37.5度以上ある場合、咳や倦怠感等の風邪の症状がある場合は、必ずご自宅で休養してください。発熱があった場合は、解熱後24時間以上経過した後に登園してください。この場合は、出席をしなくても良い日(「出席停止」)となり、欠席扱いとはなりません。そのため、お子様が安心してお休みしていただけるよう、昨年度より「皆勤賞」「精勤賞」「努力賞」を取りやめさせていただいています。

(3)登園後に、発熱や風邪の症状が出た場合は、速やかに園までお迎えをお願いしますので、連絡がとれるようにお願いします。

(4)【一部変更】お子様や同居のご家族の方が、①新型コロナウイルスへの感染が確認された場合、②濃厚接触者に特定された場合、③保健所や医師によりPCR検査及び抗原検査を受ける必要があると判断された場合には、速やかに園までご連絡ください。必要な期間、お子様に登園を控えていただきます(「出席停止」となり、欠席扱いとはなりません)。また、④愛知県への「緊急事態宣言」適用期間は、同居のご家族に発熱等の風邪症状がある場合は登園を控えていただきますようご協力ください(この場合も欠席とはなりません)。

(5)【一部変更】園児及び教職員に感染者が確認された場合は、原則、確認された日の翌日から2日間臨時休園(預かり保育も含む)とさせていただきます(保健所の指示等で異なるお願いをする場合もあります)。2日間の間に保健所による園内での濃厚接触者の把握等を行った上、臨時休園もしくは学年・学級閉鎖等の決定をさせていただきます。バスコースの方は、感染された園児が一緒に乗車していた園児が出席停止となる場合もあります。これらの場合の期間は、感染者の活動や出席・出勤状況、接触者の人数、感染経路などにより2週間程度になることもあります。臨時休園・学級閉鎖等となる場合、保護者の皆様へのお知らせが直前となることが想定されますので、ご理解のほど宜しくお願いします。また、お子様の健康等が心配になるかと思いますが、感染された方が安心して療養生活を送るために、感染者個人を特定するような質問等にはお答えできませんので、ご理解のほどお願いします。

(6)【新規】登園中・保育中に職員・園児の感染が確認されたときは、保健所との相談の上で、園内での感染拡大予防のため、速やかなお迎えをお願いする場合があります(メールでお知らせします)。原則、バスの運行は行いませんので、ご協力のほど宜しくお願いします。

(7)園まで送迎される方は、玄関前での保護者の方同士の密集を避け、適切な身体的距離を保ってお待ちください。

(8)ハンカチを必ず持たせてください。毎日、1枚はポケットに、もう1枚は予備としてカバンに入れてください(必ず名前を記入してください)。女の子は制服登園の期間、移動ポシェットを使用することも可能です(体操服登園の日は移動ポシェットは使用しないでください)。ブレザーを着て登園する場合は、ズボン又はスカート(移動ボシェットも可)のポケットに入れ、ブレザーのポケットには入れないようにしてください(園内ではブレザーを脱いで過ごすことが多いため)。

(9)マスクを着用して登園してください(手作りのマスクでも構いません)。マスクが苦手なお子様は園までご相談ください。予備のマスクを2枚カバンに入れて登園してください。全てのマスクには、名前をご記入ください。ただし、園庭ではマスクを外して遊びます。なお、保護者の方も送迎の際はマスクの着用をお願いします。

(10)行事については、学年ごとに日にちや時間を分ける・参観される人数を制限するなどの感染予防対策をした上で実施可能なものを開催していきたいと思います。しかし、感染状況によっては、行事の延期や中止及びさらなる内容や時間の変更・短縮や人数制限等をさせていただく場合があります。ご理解のほどよろしくお願いします。

(11)登園前及びバスの乗車前の手洗い・うがいへのご協力をお願いします。

(12)職員も発熱等の風邪の症状がある場合はお休みさせていただきます。特に、バス運転手が体調不良のためバスの運行が不可能となった場合、園までの送迎をお願いする可能性もありますので、ご協力をお願いします。

報道等でご存知のように、SNS等で感染された方を特定する情報や風評が流れたりすることが散見されています。感染者や濃厚接触者となった方の人権尊重・個人情報保護にくれぐれもご配慮をお願いします。新型コロナの感染者や濃厚接触者になることが誰にでも起こり得る状況だからこそ、病気になった方・ご家族の健康を心から心配し、回復を願う大人たちの中で子どもたちには成長して欲しいと思います。
今後も保護者の皆様と共に日々の感染予防に取り組むことで、子どもたちが幼児期に必要な経験を一つひとつ積み重ねるために、出来うる限り通常に近い幼稚園生活を送り、その中での「育ち・学びの機会」を維持できるように努めていきたいと思いますので、今後も皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。